偏食 旦那

実は結構多い大人の偏食

「旦那の偏食が治らない・・・」

 

大人になっても子供の頃からの偏食が治らない人って実は結構います。

 

有名人の中にもいますよね、偏食の人。

 

もちろん食事の内容なんて個人の自由ですし、
その人が満足なら別に構わないと思いますが、
「健康」という観点からみるとあまりよろしくありません。

 

若い頃は偏食でも身体に変調が表れることはないかもしれません。

 

しかし年齢を重ねると確実に身体にガタつきがきます。

 

偏食の人は高血圧、糖尿病、脳梗塞など、生活習慣病と呼ばれる大変危険で、
簡単には治らない病気にかかってしまう可能性が普通の人より割合が高いです。

 

こうなってくると個人の自由とはいっていられませんね。

 

特に家庭をもち、子供を育てているのなら
余計に偏食を改善して健康な身体になる努力をするべきです。

 

子育てにも悪影響ですし、もし旦那が偏食の影響で重い病になったら
莫大な治療費がかかってしまい生活ができなくなってしまう可能性も・・・。

 

いきなり偏食を完全に治すというのは
今までの習慣を全て変えるわけで難しいかもしれません。

 

ですが、少しずつでもいいので健康のためにも偏食を治す努力をしましょう。

 

そうすることが旦那さんにとってもあなたにとっても1番いい結果を生むのですから。

偏食が原因で離婚になる?

「偏食の夫の世話をするのがもういや・・・」

 

「私がこんなに頑張っているのに旦那は全然理解してくれない。」

 

こんな感じでインターネット上には偏食の夫をもつ妻の愚痴が溢れています。

 

実は偏食が原因で離婚になる夫婦は多いです。

 

海乳EXの成分をチェックしてみましょう。

 

自分が一生懸命作った料理も顧みず、
あれこれと注文をつけられ、同じ食事が食卓に並ぶ日々・・・。

 

こんな状況では「離婚」という言葉を考えてしまうのも当然でしょう。

 

愛し合って結婚したのに離婚という形で
夫婦の関係が壊れてしまうというのは悲しいですね。

 

そうならないためにも妻として夫の偏食を上手に治していきましょう。

 

この時、夫に対して押し付けのように偏食を治すことをしてはいけません。

 

夫にしてみれば好きで食べているものを変えろというのは
ストレスを溜める結果になりますし、言い争いに発展してしまいます。

 

できれば、「あなたの健康を考えて料理を作ってみたの。」などと
相手のためを思いやっていることをきちんと伝えた上で
夫婦で一緒に偏食を治すようにしてみましょう。

 

長年親しんだ食事内容をいきなり変えるのは難しく、
1人で偏食を治すのはたいへんな忍耐力がいるでしょうが
そこは妻の愛情があればきっと変えることができます。

 

諦めないで二人三脚で頑張っていきましょう!


このページの先頭へ戻る